Web求人に役立つブログ

★8月1日に学生を集める「本質」は・・・

8月1日が近付きました。【何故、8月1日に内定者を集めるのか?】というご質問は、今の時期、頻繁に戴きます。

これは【内定辞退の防止にも繋がる話】ですので、下記に「その観点」で記して参ります。

 

「学生の応募者に、いつの間にか、逃げられてしまっている。他社は、どの様にスケジュール管理を行い、辞退を防いでいるのか?」というご質問も、頻繁に戴きます。

ここが、【新卒募集を行う上で一番大切な、スケジュール管理の進め方】だと思います。

一言で申しますと、★他社も集めようとしている日に、採りたい学生を集めていきます。では、それは、いつでしょうか? 下記は、経団連が発表しております「採用選考に関する指針」です。そして、様々な解禁日が「1日以降・・・」と記されています。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/030.html(経団連の採用選考に関する指針)

1996年まで、「就職協定」というルールがありましたが、ここでも「1日以降・・・」というルールがほとんどであった為、大手企業を中心に「学生を1日に集める習慣」の様なものが形成されてきました。その為、7月1日、8月1日、10月1日など、「各月の1日」に学生を集める会社が、比較的多く、存在しています。

言い換えますと、貴社と採用活動で競合するであろう他社が、ある月の1日に学生を集めるなら、貴社も同じ1日に呼ぶことによって、その学生が貴社に入ろうとしているか否かが分かる・・・ということです。

【ここで重要なこと】は、個々の学生の立場になった時、★貴社に入社したい学生が、他社からは来月の1日に呼ばれているのに、貴社からは呼ばれていなかったら、どう思うか? ということです。「募集の上手な会社」は、こうしたこと(学生の心理)を研究し、それに基づいて、『新卒募集を行う上での業務のスケジュール管理』を行っているわけです。

この様に考えていきますと、8月1日や、7月1日より手前の、6月1日や、5月1日の【使い方】も、極めて重要になってくるわけです。

☆面接中の方にも「暑中見舞い葉書」を送りましょう。

新卒や中途の内定者の方には勿論、今、面接中の方にも極力、「暑中見舞い葉書」を送りましょう。

因みに、暑中見舞い葉書を送る時期 は、【梅雨が明けてから立秋前まで】。
残暑見舞い葉書を送る時期 は、【立秋(2018年の立秋は8月7日)から8月いっぱいまで】です。

今夏は本当に異常な暑さです。どうか皆様、くれぐれも御自愛下さい。

★「応募者の業務適応性の分析方法」を寄稿致しました。

採用をする前段階で極めて重要な一人ひとりの応募者の業務適応性(業績向上力)の精密な分析

 

☆内定辞退を防止する様々な方法を、寄稿致しました。

内定辞退をひとりも出さないようにする為の応募者への動機付けと、スケジュール管理のノウハウ

★新卒マイナビ2020、同リクナビ2010がスタートしています。

6月1日、「新卒マイナビ2020」、同「リクナビ2010」がスタートしました。

新卒マイナビ2020 https://job.mynavi.jp/20/pc/

新卒リクナビ2010 https://job.rikunabi.com/2020/

掲載社数の多さもさることながら、早速、【インターンシップの告知PR】を開始した会社が本当に多いです。

☆マイナビ2020、リクナビ2020が、間もなくスタートします。

新卒募集をなさっている企業さんは、今、2019卒の学生さんの募集活動に邁進されていると思いますが、間もなく、6月1日には【マイナビ2020】と【リクナビ2020】がスタートします。大学生で言えば3年生、短大生なら入学したばかりの1年生に対してPRを開始することになり、翌年の3月にスタートする「本サイト」に対し、この時期のものを「プレサイト」などと呼びますが、このプレサイトでPRすることのメリットは何でしょう?

1つは、この時期だけは『学生からのエントリー』が集め易いわけです。このエントリー、掲載の時期が遅くなればなるほど、集め難くなりますが、この集め易さに気付かれた企業さんも多く、6月1日から掲載される企業さんが増加しています。

一方、この早い時期にエントリーして来る学生のポテンシャルが高い!! ということも、プレサイトの大きな特徴と言うことができます。

★新卒募集での「内定の出し方」。

新卒募集で「内定」を出す際、『メール』や、口頭、『簡単なレジメ(内定通知書)の郵送』で済ませてしまう会社が非常に多いです。

先日も、内定辞退の防止策のところで記しましたが、現在、学生側の超売り手市場なのであり、他の会社と同じ様な内定の出し方は、非常にリスクが高いです。

 

【内定の理由を伝える会社】、【内定の理由を書面で伝える会社】・・・こうした会社が、内定辞退も少ないわけです。

☆内定者を集める日。

「内定者をいつ集めたら良いか?」というご質問を戴きました。これは、非常によく戴くご質問です。

さて、以前より、『就職協定における解禁日』は、ほぼ全て、月の頭の「1日」に定められてきました。その為、内定者の集合日を「10月1日」にしてきた企業さんが多いわけですが、6月以降に内定を出すとしますと、どこの会社も同じ様に考えますから、「7月1日」や「8月1日」に集めませんと、【当社に入社してくれるのか、否か?】という、★肝心な意思の確認ができません。

ここ(他社も同じ様に考えるところ)を踏まえて戴きまして、内定者には、早め早めに、集合日の連絡をして戴きたく思います。

★応募者の印象に残る面接の進め方。

企業側は「ひとりひとりの応募者を見極めよう!」として面接を行うわけですが、応募者側も全く同様に、「企業側を見極めよう!」として、

面接に臨みます。その意味では『印象に残る面接』を進めていきませんと、面接の意味が薄れてしまいます。

さて、面接の最初、貴社では何からスタートしているでしょうか? 応募者に「自己紹介」をしてもらいますか?

 

面接の最初、企業側の面接担当者が名刺を出して自己紹介を行い、訪問に対する御礼を伝える会社。まだまだ、少数派です。如何でしょうか?

☆内定辞退防止の分かり易い考え方、具体策。

『新卒採用における内定辞退者が増えてしまったので、対策を知りたい。』というメッセージを戴きました。ご質問、ありがとうございます。

昨今、30社以上の企業を訪問する学生さんは、普通にいます。そして、当たり前のことですが、辞退せず、貴社に喜んで入社して戴く為には、貴社が【一番、入社したい会社】にならなければなりません。2位でも駄目で、30社中、1位になる必要があります。

さて、ある学生さんに最初に訪問してもらったのが『貴社の会社説明会』だったとしましょう。何らかの選考を行い、「合格」となり、次のステップ、例えば「面接」などに進む・・とします。当然、合格の連絡をすると思いますが、その際、【合格の理由】を伝えているでしょうか? この【合格の理由】を、口頭や、メールで伝えている企業がほとんどないことが、統計的に分かっております。多くの企業で、「次のステップに進みました・・・」とだけ、伝えているのです。

応募者の立場になり、この『他社ができていないこと』を ひとつづつ進め、優秀な学生さんに【他社との違い】を明確に伝えていって戴きたいと思います。